サンプル集  >  MS-DOS

MS-DOS

仕事をしていると、結構バッチファイルを作ったりします。 意外と便利ですね。

No コメント
1 条件分岐(IF)
2 条件分岐(CHOICE) ※CHOICEはNT4.0、2000、XPではサポートしていません。
3 条件分岐(CHOICE代替)
4 基点となるフォルダ
5 ファイルの内容を表示
6 ファイル存在チェック
7 バッチの終了を待たずに進む
8 バッチファイル内で計算
9
10 ERRORLEVEL
11 pause
12 ループ
13 grepのようなコマンド(findstr)
14 ファイルの内容をカンマ区切りで表示
15 ネットワーク情報のバックアップと復元
16 DNSでIP取得の確認(nslookup)
17 IPアドレスの確認と再取得(ipconfig)
18 MACアドレスの確認(arp)
19 通信先との疎通確認(ping)
20 通信経路の確認(tracert)
22 標準出力と標準エラー出力を1つのファイルに書き込む 2> &1
23 ファイル名に日付と時刻を付ける

▲ PageTop   Home


Copyright (C) 2012 - 2018 ymlib.com